上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あーぁ、よく寝た。


随分長い間、ブログを書いてなかったような気が

ぼくは沢山食べて仮死状態で寝て越冬する部族だから



寝ている間にメールが届いていたので紹介します

バナナのたべごろ画像を頂きました
『食べごろなう。』

ジョニーカビラばなな


お名前  ジョニーカビラ
ばなな年齢 38本(人間でいうところの38歳)
性別 男子

職業 バナナソムリエ準2級(国家資格)



ひと言 ばななの食べ後頃はいつですか?

そう、よく聞く質問です。

あなたはどう答えますか?

買ってすぐに・・・

少し茶色くらいが・・・

反り返り具合が(これをバナナソムリエたちは(nike)とよびます)

    いいえ違います、それはあなたが一番食べたい時・・・

    そう信じてわたしたちバナリエ(バナナソムリエの略)

    は皆様においしいばななをお届けできるよう日夜努力しております。

    

ジョニーカビラ著『たかがバナナ、されどバナナ』より抜粋



夜の終身名誉店長こと、ジョニーカビラ氏からいただきました

バナナのみ切れ具合が想像力をかき立てます
20nikeくらいか、いや、30nikeくらいあるんじゃないか
とワクワクしてきます
バナナのボトムに映るライン状の影がロマンチックです
それはカビラ氏がロマンチストだからではなく
バナナの皮の放つ香りがカビラ氏をそうさせるのでしょう
バナナとはそういうものです

携帯のカメラでの参加も出来ますバナナのたべごろ画像をお待ちしております
募集要項はさかのぼることになるんだけれど
バナナの画像を募集するのにいきなり『募集します』もなんなので
イントロから書き出したら全3話になってしまったので

知りたい方は
こちらから順に→ 名言   きのうと同じ人?   BA7

最後のBA7に宛先等が載っていますので、お気軽にどうぞ♪
スポンサーサイト
下の娘の『冬休みにしたいこと』の欄には
「たくさんかまくらをつくる」と書いてありますが
今年のお正月はかまくらができるほど雪が積もらず
つまらなそうにしているので
一緒にCLINKの雪看板を作りました

『C』が難しかった・・・
苦労してやっと出来上がったのがこちら↓
雪看板
「C」を作っている間にほかのアルファベットが溶け出して
キャーキャー大騒ぎしながら頑張りました

その夜・・・
雪

あっという間に・・・
雪 朝
かまくら作れるね!
冬休みはあと3日!

雪の壁の中CLINKは営業しています
CLINK 店内
雪国にきて11年になりますが
ここでは風景で季節を感じることができます
きょうの季節は冬寄りぎりぎり秋
秋と冬
わかりにくいけど・・・
右側にある坂戸山は紅葉
奥にある八海山には雪
冬はすぐそこ
囲い

今朝は起きてブラインドを開けたら
一面真っ白
雲の中でした

(雲と霧って地面に接しているかいないかの違いらしいですよ)

宿題

小1の娘の宿題

問題.7+8のしきになるもんだいをつくりなさい

娘の回答

『みかんを7こもってきました。
 こんどみかんを8こもってきました。
 かきはなんこになったでしょう?
 5+6=?のしきになります。』

??????????

ぜんぶわからない・・・

かき?・・・

最後の『5+6=?のしきになります』は
解かせないためのかく乱作戦なのだろうか

なにがわかっていないのかわからない
おもしろいから良し!
とおもっちゃうところでした

毎日一回はつまずいてころぶ
小学一年生の娘

毎日やることにより ころばなくなることを学ぶのではなく
キャラ付けがしたいんじゃないかという疑惑を抱いてしまう
くらいころぶ

それくらい良くころび よく食べ よく笑い よく寝る

そしてまた良くころぶ

何にもないところでもころぶ

何につまずいているのかは
わからない



たぶん『ちょっと硬めの空気』につまずいているんだな

と思うことにしている

10月21日

2015年 10月21日 16時

1985年からエメット・ブラウン博士、マーティ・マクフライ
ジェニファー・パーカーが乗車したデロリアンをベースにした
タイムマシンが出現

ビフ・タネンにデロリアンのタイムトラベルを目撃されて
後々じゃなくて随分昔に大変なことになる日です



『おい、マクフライ!靴紐がほどけてるぞ!』

2015年まであと5年
足を入れたら靴紐が勝手に締まるオート靴紐が発売間近!!
なはずです  たぶんナ○キから


似た話 11月12日
帰るカラス

青空のほうからやってきて

夕日に向かってとんで

電線に集まりだすカラス

まいにち集まってから家に帰る

こどもたちのこえがきこえる


夕空


きのうの夕空


みていたら家にいるのに家に帰りたくなった







結構な昔 ジョン・ライドンがピストルズにいたころ

たしか『穴秋銀座夕景』という情緒のある歌謡曲を歌っていた

秋の空をみていたら久しぶりに聞きたくなりました





曲名を間違えてました『穴秋銀座夕景』じゃなくて
『アナーキー・イン・ザ・U.K.』てゆう曲名でした
『秋』関係なかったです

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。