上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介


きょうは児童書のです

20070530172901.jpg

星とトランペット   作 竹下 文子
ブッキング  \1,890

1984年に講談社刊の再刊です
表題を含め11話の短編がおさめられています
不思議な登場人物が主人公の心のすき間を
うめてくれます

月を売る白い髭のちいさなおじいさん【月売りの話】

道に落ちている星をひろいあつめるふしぎなようすをした男
【星とトランペット】

なぜか動物ばかりが買いものにくる書店
【タンポポ書店のお客さま】

白い虫とりあみで夢をつかまえる背のひょろりと高い男
【日曜日には夢を】
・・・・・・

きっと 読む時期によって心に届く物語が違うと思います
なにかの瞬間にふっと思い出す夢のような一冊です

________________________ako

絵本担当:ako



主人公達はごく普通のひとたちです
ごく普通のひとたちが夢のなかを旅するような。。。
そんな話を聞かせてくれます

心の旅が11回出来ます     nochiki

スポンサーサイト

日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介

きょうは先週に引き続き「なんだこれ。」を。。。
前回のご紹介からさらに10Cmくらい伸びて
約55Cmになりました。
すこし垂れ下がってきました。

朝、白いものが見えたので、近づいてみると
何か咲いているのに気がつきました。。。

DCFC2519.jpg
沢山あるちいさな蕾
そのうちのふたつが開いていました。
どんな色の花が咲くのかとても楽しみだったのです
 白い小さな花

しかし、花というよりは蕾の外側が
くるくるとカールしているだけのようにも見える。
花の内側にも緑色の筋があり
花という感じがいまいちしない。

楽しみにしていた甲斐がないくらいの花模様だ。
花の奥に花粉が見えるので一応、花ということらしい。

20070529001917.jpg

だから、  なんなんだ、これ。


日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介


きょうは以前紹介した 「なんだこれ。」 のその後を。。。
ちょいと気になっていた方もいるかと思います。

ゼブラ ハウオルチアの「なんだこれ。」はさらに
15Cm程伸びてアスパラに似た何かがバラけてきました。
大きいもので1Cmくらい、全て上を向いて伸びていきます。

DCFC2499.jpg  20070521153350.jpg



お気づきの方もおられるかと思いますが。。。
まぁ、正直、花っぽいです。

もう一回、紹介を引っぱってみようかと迷いましたが、ムリ。
みなさん、薄々感づいているはず、花か子供が出てくるかの
どちらかのはずで、写真のビジュアルは  花だと。。。

 あぁ、花ですとも そうですよ。  花ですよ。
花ですが、なにか?


でも、何色の花が咲くんでしょうね? たのしみです。


5/19にCLINKをお休みして、遊びに行ってきました。
行った先で撮った写真がこちら

DCFC2495.jpg    なんだこれ。



森の中にたたずむ毒々しいキノコ
小人が暮らしていそうな。。。。。




公園の遊具です。


日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介


DCFC2418.jpg
rigatoni mug cup ¥1050 W75×D110×H90mm
      demi mug cup ¥840 W68×D100×H70mm
      cup tray ¥893 W90×D175×H22mm
      sugar ¥1050 W70×D70×H72mm
old bottle 1940 ¥2100 W65×D33×H125mm

4th-marketのリガトニというシリーズ
半磁器です 白とグレイがあります
CLINKではカップトレイのみグレイです

縦に窪みが沢山ついていてストライプのように見えます
白といっても少し黄色みがかっていて
柔かな質感を表現しています

ボトルは1940年代くらいのもの気泡が沢山入っています
平たい六角形で両サイドに窪みを連ねた柄が入っています
少しいびつな感じがほっとさせてくれます

きょうは陽射しがボトルを透かしていたので窓辺に並べてあった
リガトニシリーズを写真におさめてみました
気持ちよさそうに並んでいるように見えたもんで。。。


日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介

大好きなRimoutの食器が入荷してきました
いままで展開していなかった手ごろなサイズのボウル
も加わりました


DCFC0098.jpg

この写真にはルーキーは不在ですが、こんな雰囲気です
NOISETTE ノワゼット というシリーズと
STEAM スチーム というシリーズ

両方ともひとつひとつ釉薬のかかり具合がことなり
表情がそれぞれにあります
器のふちからコゲチャ色の化粧土が
ちらちらとのぞいています
コーディネートによって可愛くもみえるし
                かっこよくもみえる不思議な器


NOISETTE ショコラカップ  ¥945   φ90×h75mm 
       *プレート16Cm   ¥840  φ160mm
       *カフェオレボウル ¥1155 φ120×h70mm
STEAM  *マグ   ¥1050       φ110×h70mm
       ボウル ¥1680    φ165×150×h70mm
       *ジャグ ¥2625      φ90×h170mm
*印は上の写真に写っているものです



日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介


ブラウンストライプのふたが付いた保存ビンを買った
大・中・小のビンがクラフトの箱の中におさまっている
箱をあけると

       Des Pots(デポ)
 日々の暮らしのなかで あったらいいなと
 思うビンを かたちにしました

と書いてある

DSCN0854.jpg
Des Pots S・M・L set  \1,260

大きなビンの中に茶色の薄紙に包まれた中くらいのビン
その中には同じくやさしく包まれた小さなビンが入っている
あったらいいなの形はありそうでないかたち
ビンをひっくり返すと10角形の底
大きな10角形 中くらいの10角形 そして小さな10角形

空のビンを並べて想像しよう
いくつもある休日をなにかで埋めたいのなら
そんなことにつかう日が一日くらいあってもいい
目的ばかりさがして身動きできないより
動いてしまってから考えるのもわるくないと
思えるかもしれない

さて 何をいれようか それをどこに並べよう
しばらくは目のつくところに並べてながめたい
小さなビンにもっと小さなプレゼントを入れて
最初に入っていたように箱に収め
リボンをかけてプレゼントするのもわくわくする
プレゼントの相手はあったらいいなのかたちに
気が付いてくれる人
________________________ako



牡鹿と小鹿のフィギアはフランスのPAPO社のものです
PAPO社はフランスではポピュラーな玩具メーカー
牡鹿¥1260 小鹿¥630

最近、同シリーズで雄豚が入荷しました
目がクリッとしてかわいいく出来がよいのですが
裏返してドビックリ  ちょ、ちょっとぉ~

雄部分がやたらとリアルで画像での公開にふみきれません
なぜそんなに・・・    フランスだから??   雄豚¥945
 nochiki


日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介


暖かくなってきてCLINKにあるグリーンたちが元気に
スクスクと成長している
観葉植物やサボテンなど20鉢以上ある
外でも色々と育てているんだけど
このところとても活き活きとしている
これはとてもいいことなんだけど
最近、ちょっいと気になっていることがある

ちょうど去年の今ごろ小さなアロエの仲間を買った
ゼブラ ハウオルチアという名前

去年は小さかったけど2倍くらい大きくなって
いままで見たことのない何かを生やしてきたんだ

DSCN0866.jpg

最初は「わぁ、花咲くんだ、これ」とかいって
喜んでいたんだけど、なんだかそんな感じも前ぶれもない
ただひたすら延ばし始めた アスパラに似た何かを。。。

そのアスパラに似た何かは
1~2mくらい平気で延びそうな気配 ちょいと気になる


実は ちょいとどころか、かなり気になってきた


20070508213658.jpg

なんだこれ。


日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介


きょうは3時のおやつです

DSCN0806.jpg     DSCN0805.jpg
akoの和菓子で色も綺麗   nochikiのおやつ服役中?

あんこはあまり得意ではないから気を使って
ビスケットにしてくれました
でも、見た目が犬用ビスケットみたいです
まあおいしかったから良かったんだけど。。。

きょうはそのビスケットをさっと奪って行きそうなこのコをご紹介

DSCN0807.jpg
Squirrel Wind Up Toy  fog
W17.5Cm     \2520

ピョンピョンはねるリスです

からだはモコモコ、尻尾はふさふさ
ちいさな木の実を持っています
ネジを巻いてあげるとピョンピョンはねます
かわいいやつです



日々、飽きもせず眺めたり、使ったり、置いておいたり

何故だか判らないけど好きなのものをご紹介


きょうは絵本です

20070501205556.jpg
金曜日の砂糖ちゃん  さく 酒井 駒子
偕成社  \1,260

何かをうったえているわけでもないし
なぐさめているわけでもない
やさしくもないけど やわらかい
つめたくはないけど せつなくなる

酒井駒子さんの絵本には
言葉のない絵だけの見開きが必ずあります
(少なくても私の読んだ7冊には…)
ものすごく印象的で納得させられる
映画をみていてもあるでしょう?
セリフも音もない場面 例えるならそんな感じです

文と絵がどちらも独立できるけどあわさると物語になる
詩と曲があわさると歌になるように

表題のほか ふたつの作品がおさめられたこの絵本は
ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌を受賞しました
________________________ako

絵本担当:ako


こどもの姿と記憶を借りた大人の絵本

大人になって味わうことや感じることを
こどもの姿を通して描いていたり
そこにはこどもの頃に感じていた
大人が登場してきたり
こどもの頃の空想を絵のなかで実現させたり

大人になってもあまり変わっていない自分と
こどもの頃に感じていた記憶の世界をみつめる事が
できる絵本です
絵の黒さが記憶のなかを旅してるような感覚に導いてくれます
 nochiki


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。